« 「スーパー弁護士の仕事力」 (葉玉匡美ほか) | トップページ | 『総合評価方法変更緊急セミナー「変更の真相そして明日からの戦略と対策」(付)2008年度試験ヒアリング発表にも速攻対応』(辰已) »

2009年2月15日 (日)

e-Tax対応 ICカードリーダライタの選び方

新司法試験や旧司法試験の電子出願の際に、どのICカードリーダライタを使用すればいいのか、悩んだ方もいたようです。

明日、2月16日から確定申告が始まります。

そこで、e-Tax(インターネットでの確定申告)対応のICカードリーダライタをご紹介します。

個人の場合、e-Taxのときも、新司法試験や旧司法試験の電子出願のときと同様に、公的個人認証サービス(地方公共団体による認証サービス)を利用することになるでしょうから、公的個人認証サービスに対応したICカードリーダライタを選べばよい、ということになります。

公的個人認証サービスの場合には住基カードを利用するわけですが、住基カードが2種類あり、その種類に合わせてICカードリーダライタを購入しなければなりません。

一つは、ICチップの見える住基カードであり、これをコンビ型といいます。

もう一つは、ICチップの見えない住基カードであり、これを非接触型といいます。

コンビ型の場合、ソニー 非接触 ICカードリーダ/ライタ USB 対応 パソリ RC-S330NTT-ME SCR3310-NTTCom日立 USB接続 公的個人認証用 接触型ICカードリーダー ライター HX-520UJ.KSHARP 公的個人認証サービス対応住民基本台帳用 ICカードリーダライタ ホワイト系 RW-5100が利用できます。

非接触型の場合、ソニー 非接触 ICカードリーダ/ライタ USB 対応 パソリ RC-S330のみ利用できます。

ちなみに、ソニーのRC-S330では、SuicaやPASMO、Edyなどのカードも使えます。

http://www.sony.co.jp/Products/felica/pcrw/rdw_rcs330.html

人気の高いICカードリーダライタだけを紹介しました。

|

« 「スーパー弁護士の仕事力」 (葉玉匡美ほか) | トップページ | 『総合評価方法変更緊急セミナー「変更の真相そして明日からの戦略と対策」(付)2008年度試験ヒアリング発表にも速攻対応』(辰已) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124957/44065939

この記事へのトラックバック一覧です: e-Tax対応 ICカードリーダライタの選び方:

« 「スーパー弁護士の仕事力」 (葉玉匡美ほか) | トップページ | 『総合評価方法変更緊急セミナー「変更の真相そして明日からの戦略と対策」(付)2008年度試験ヒアリング発表にも速攻対応』(辰已) »