« 「標準特許法第3版」(高林龍)発行! | トップページ | 大塚裕史 「刑法総論の思考方法新版補訂版」(早稲田経営出版)発行! »

2008年12月17日 (水)

最高裁違憲判決 国籍法改正 平成21年1月1日施行

平成20年6月4日の最高裁大法廷判決で憲法14条に反するとして違憲判決を受けた国籍法3条につき、判決の内容にそった改正がなされました。

この改正により、国籍法3条の父母の婚姻要件がなくなります。

また、国籍法3条の見出しも「準正による国籍の取得」から「認知された子の国籍の取得」に変更になります。

ふむふむ、「準正」だと、婚姻が前提になりますからね!

偽装認知の防止については、

いろいろな議論がありましたが・・・

虚偽の届出につき罰則が設けられました(改正後20条)。

<「国籍法が改正されました」法務省のホームページ>

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji163.html

<「最大判平成20年6月4日」最高裁判例検索システム>

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36416&hanreiKbn=01

|

« 「標準特許法第3版」(高林龍)発行! | トップページ | 大塚裕史 「刑法総論の思考方法新版補訂版」(早稲田経営出版)発行! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124957/43450006

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁違憲判決 国籍法改正 平成21年1月1日施行:

« 「標準特許法第3版」(高林龍)発行! | トップページ | 大塚裕史 「刑法総論の思考方法新版補訂版」(早稲田経営出版)発行! »