« 最高裁決定!!個人的メモでも証拠開示命令の対象!?(決定全文あり) | トップページ | 「伊藤真試験対策講座 刑事訴訟法 第3版」発行! »

2008年7月 4日 (金)

最高裁決定!!第1の暴行と第2の暴行の間には断絶あり 第2の暴行に正当防衛認めず(決定全文あり)

被告人は甲から灰皿を投げつけられそれを避けながら甲を殴打した(第1の暴行)ところ、甲は倒れ後頭部を地面に打ち付けて意識を失ったように動かなくなった。さらに、被告人は意識を失ったことを認識しながら、甲に蹴るなど暴行(第2の暴行)を加え、第2の暴行により甲は肋骨骨折等の傷害を負わせた。そして甲は病院で死亡したが、この死因は第1の暴行によって生じたという事案です。

第1審判決は、防衛の程度を超えて甲を死に至らしめたとして、被告人には過剰防衛による傷害致死罪が成立するとしました。

被告が控訴を申し立てたところ、原判決は、第1の暴行には正当防衛が成立するが、第2の暴行の際には、甲の侵害はなく防衛の意思も認められず、正当防衛ないし過剰防衛は成立する余地はないとして、被告人には傷害罪が成立するとしました。

これに対して、被告人側は第1の暴行と第2の暴行を一体のものと評価すべきであって、第1の暴行について正当防衛が成立する以上、全体につき正当防衛を認めて無罪にすべきであるとして、上告しました。

平成20年6月25日、最高裁は決定で次のように述べて上告を棄却しました。

「第1暴行により転倒した甲が、被告人に対し更なる侵害行為に出る可能性はなかったのであり、被告人は、そのことを認識した上で、専ら攻撃の意思に基づいて第2暴行に及んでいるのであるから、第2暴行が正当防衛の要件を満たさないことは明らかである。そして、両暴行は、時間的、場所的には連続しているものの、甲による侵害の継続性及び被告人の防衛の意思の有無という点で、明らかに性質を異にし、被告人が前記発言をした上で抵抗不能の状態にある甲に対して相当に激しい態様の第2暴行に及んでいることにもかんがみると、その間には断絶があるというべきであって、急迫不正の侵害に対して反撃を継続するうちに、その反撃が量的に過剰になったものとは認められない。そうすると、両暴行を全体的に考察して、1個の過剰防衛の成立を認めるのは相当でなく、正当防衛に当たる第1暴行については、罪に問うことはできないが、第2暴行については、正当防衛はもとより過剰防衛を論ずる余地もないのであって、これにより甲に負わせた傷害につき、被告人は傷害罪の責任を負うというべきである」

<コメント>

正当防衛の成否に関連して、第1の暴行と第2の暴行を一体のものとして考えるのか、それとも分断して考えるのかについて、参考となる事案ですね。

本決定は両暴行の時間的・場所的連続性を認めながらも、侵害の継続性や防衛の意思の有無、第2の暴行の態様の点から、両暴行の間には断絶があるとしています。

第1の暴行と第2の暴行を一体として考えるのか否かという視点は、正当防衛のほか、因果関係・共犯でも問題になり、死因がどちらの暴行から生じたのかわからない事案、途中から暴行に参加したという事案などでも重要な視点になりますので、事案に応じて判断できるようにしておきたいですね。

|

« 最高裁決定!!個人的メモでも証拠開示命令の対象!?(決定全文あり) | トップページ | 「伊藤真試験対策講座 刑事訴訟法 第3版」発行! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124957/41722803

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁決定!!第1の暴行と第2の暴行の間には断絶あり 第2の暴行に正当防衛認めず(決定全文あり):

« 最高裁決定!!個人的メモでも証拠開示命令の対象!?(決定全文あり) | トップページ | 「伊藤真試験対策講座 刑事訴訟法 第3版」発行! »