« 「『内田民法Ⅰ(第4版)』徹底解析講座」(Wセミナー) | トップページ | 最高裁大法廷違憲判決の全文!(最高裁) »

2008年6月 4日 (水)

最高裁大法廷違憲判決!!「父母の婚姻」を国籍取得の要件とした国籍法の規定は違憲

6月4日、最高裁大法廷において、「父母の婚姻」を国籍取得の要件とした国籍法の規定(同法第3条)は違憲である判断とされた。

父母の婚姻の有無によって国籍取得が左右されることが憲法14条に違反するかが争点となったようです。

大法廷が違憲判決をした詳しい理由はまだわかりません(>_<)

裁量の範囲を超えたのでしょうね。

判例の詳細は、今後、このブログで明らかにしていきます!

<一方の親が外国人である場合の国籍取得>

・父が外国人、母が日本人の場合

→日本国籍取得可(国籍法2条1号)

・母が外国人、父が日本人の場合で、父が出生前に認知したとき

→日本国籍取得可(国籍法2条1号)

・母が外国人、父が日本人の場合で、父が出生後に認知したとき

→両親が婚姻しない限り、日本国籍取得不可(国籍法3条)

※ 条文を参照して確認してください。

<ここで民法の勉強>

Q:ところで出生前に認知できるの?

A:できます。

胎児の認知が認められています(民法783条1項前段)。

ただ、この場合、母の承諾が必要です(同条項後段)。

|

« 「『内田民法Ⅰ(第4版)』徹底解析講座」(Wセミナー) | トップページ | 最高裁大法廷違憲判決の全文!(最高裁) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124957/41425089

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁大法廷違憲判決!!「父母の婚姻」を国籍取得の要件とした国籍法の規定は違憲:

« 「『内田民法Ⅰ(第4版)』徹底解析講座」(Wセミナー) | トップページ | 最高裁大法廷違憲判決の全文!(最高裁) »