« 裁判員映画「審理」無料配信開始!(最高裁) | トップページ | NHKドラマ「監査法人」6月14日(土)スタート! »

2008年6月11日 (水)

最高裁判決!!民法708条の趣旨から元本も損害賠償請求可 (判決全文あり)

高金利による貸付けによって、弁済として交付した金員に相当する損害を被ったとして損害賠償請求がなされた事案において、平成20年6月10日、最高裁は、著しく高い金利による貸付けによって金員の交付を受けた被害者(借り手)の利益(元本相当額)は不法原因給付によって生じたものであると認定し、民法708条の趣旨からその利益を損益相殺できない旨を判示し、損害額からその利益を損益相殺として控除し利息のみの損害賠償請求を認めた原審を破棄し、原審に差し戻しました。

ヤミ金からみれば、貸したお金(元本)を不当利得として返還請求できないだけではなく、さらに返してもらったお金(元本)についても借り手に損害賠償として払わなければならないので、「貸し損」ということになります。

借り手からみれば、借りたお金(受けた利益=元本)を返えさなくてよいし、たとえ返したとしても戻ってくるので、「借り得」ということになります。

最高裁判所の判例検索システムに、本件判決の全文が掲載されています。

http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=36427&hanreiKbn=01

|

« 裁判員映画「審理」無料配信開始!(最高裁) | トップページ | NHKドラマ「監査法人」6月14日(土)スタート! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124957/41497874

この記事へのトラックバック一覧です: 最高裁判決!!民法708条の趣旨から元本も損害賠償請求可 (判決全文あり):

« 裁判員映画「審理」無料配信開始!(最高裁) | トップページ | NHKドラマ「監査法人」6月14日(土)スタート! »