« 訴えてやる! | トップページ | 試験合格という幸運を得るために! »

2005年7月30日 (土)

ドラゴン桜(金曜ドラマ)

金曜よる10時、ドラゴン桜(ドラマ)見てますか。

元暴走族の弁護士・桜木健二(阿部寛)が、偏差値36の落ちこぼれ高校生を、東京大学へ合格させるために奮闘するドラマです。

阿部寛さんと長谷川京子さんの微妙なやりとり、最高です。

「トリック」(相手役:仲間由紀恵)、「最後の弁護人」(相手役:須藤理彩)、ビデオを借りて見返したくなりました。

ところで、今日の授業(4時限目)で、桜木先生は

詰め込みをしよう!

と言ってましたが、

世間では、詰め込み教育は良くないという意見が多いような気が・・・

ただ、試験合格のためには、知識の詰め込みが欠かせないと思いますよ。

考えるにせよ、アイデアが浮かぶにせよ、発言するにせよ、

基礎となる知識がなければできない

と思うのです。

知識の詰め込みと言っても、大抵、考えながら知識を得るわけですし。

法学者が長年考えきた問題(論点)について、法科大学院生が新たな理論を持ち出すことは不可能に近いよう思いますので、考えながら知識を詰め込むという方法が最善の策であるように思います。実務においては、正確な知識がものを言います。

考える程度が問題になるのですが、すべてを深く考えるのは、物理的に不可能ですよね。

人には限界もあります。単純に考えることが必要な場合も。

私は単純に考えすぎる嫌いが(>_<)

昔、陸上部に入っていたのですが、自己の記録更新を目指していて、

人には限界がある

ただ、限界を決めているのは自分自身である

と感じました。

自分ができるかわからないなら、とりあえずやってみよう!

自分の限界がわからないなら、やりつづけよう!

|

« 訴えてやる! | トップページ | 試験合格という幸運を得るために! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124957/5225042

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴン桜(金曜ドラマ):

» 「最近ニュースになってる話題」と「ドラゴン桜」 [日々ニュース&ティータイム]
なんだかここで語る気にもならないことばかりです 一応、「日々ニュース」を掲げていながら無責任だなぁと思うものの ネットニュースの見出しを見ても、魅力のある記事がなかなかない 今回のスペースシャトルの話題もせっかく日本人宇宙飛行士搭乗で 注目だったは... [続きを読む]

受信: 2005年7月30日 (土) 23時57分

« 訴えてやる! | トップページ | 試験合格という幸運を得るために! »